カテゴリー: オンラインカジノは違法?

オンラインカジノはグレーゾーン?

オンラインカジノには法律が存在しない

グレーゾーンと聞くと聞こえはとても悪く感じますが、正確に言えば海外に拠点を置くオンラインカジノを日本人がプレイしても、違法になる法律が存在しないということです。法律が存在しないため、違法でも合法もないです。日本人が海外のカジノリゾートで遊んでも問題にならないのと、同様のことです。法律ができて海外のカジノで遊ぶことが禁止になれば、同じく海外に拠点を置くオンラインカジノでのプレイも違法となりますが、今のところその動きはありませんし、もし違法となれば海外からも非難される可能性があります。

日本のネットにおける法整備の現状

残念ながら日本のネットに関する取引の法整備は遅れているのが現状で、オンラインカジノでも例外ではありません。現在のところ日本人が海外のオンラインカジノで集団でだまされるような事案が発生していないため、大きな問題にもなっておらず、今後もしばらく法整備が整う予定もありません。オンラインカジノを運営している会社の拠点は海外にありますが、その会社が海外で合法に営業しているのであれば問題ないのです。ただし海外にも賭博行為が違法とされる国があります。そのような国に拠点を置いているカジノで遊んでいた場合は違法になる可能性があるので注意しましょう。オンラインカジノのサイトはたくさんありますが、大手のサイトはすべてライセンスを所有して合法的に営業をしています。大手でプレイしている限りは問題にならないでしょう。

逮捕されることもある?オンラインカジノと賭博罪

日本の賭博罪の種類

日本にはパチンコや宝くじ、競馬、競艇、競輪など様々な種類の賭け事がありますが、日本の法律では認められていない者がギャンブルの機会を提供すると、賭博場開張図利罪という罪に問われます。これは本人が賭博に参加していなくても違法となります。参加していた人は賭博罪に問われるので、違法カジノで遊んでいること自体が問題になります。なお、金銭に換算して800円以下程度のものを賭けの対象にする場合は遊びの範囲として捉えられるため、問題にはなりません。ゲームで勝負をしてジュースを賭けるような行為は合法です。オンラインカジノは海外にサーバーがあるので基本的には違法になりませんが、公務員が業務時間中にオンラインカジノを遊んでいて問題になったこともあるので、仕事中プレイすることは辞めましょう。

コチラの記事もおススメ⇒「【徹底解説】オンラインカジノは違法?その魅力や仕組を考えてみた」

カジノは海外、プレイヤーは日本

オンラインカジノのサーバーは基本的には海外にあります。そのため日本の法律は届かず、賭博罪の適用はありません。現在のところ日本にはオンラインカジノで遊ぶ人を規制する法律もないため、グレーゾーンなのです。たとえ自宅のパソコンやスマートフォンからプレイしていたとしても、法律上の解釈では海外のカジノリゾートに旅行に行って遊んでいるのと同じ状態です。運営元に問題がない限り安全にプレイすることができます。ただしライブカジノのような場所で自身のSNSのIDや個人情報を書き込むと、個人が特定されて利用者が逮捕された例もあるので、不特定多数の利用するようなライブカジノで個人情報を晒すことは安全面の観点から言っても避けたほうが良いです。

日本で運営のオンラインカジノは?

日本で運営されているオンラインカジノはNG!

日本での賭博場を開く行為は禁止されているため、日本で営業されているオンラインカジノはないと思われていました。しかし海外に会社を立てて大阪でオンラインカジノを運営していたという事案が発覚し、オンラインカジノユーザーが騒然としたこともあったので注意が必要です。日本国内から日本人向けに営業をしていたとなると当然違法なので、賭博罪の適用になるでしょう。運営会社が海外にあるからと言って安心せず、実態をしっかりと確認してからプレイするオンラインカジノを選んだほうが良いです。運営が摘発されてしまうと、入金していたお金も返ってこなくなってしまうリスクがあります。

日本人がオンラインカジノをする際のチェック事項

オンラインカジノは世界にたくさんありますが、運営コストを抑えて営業ができる分、オンラインカジノ業界への参入ハードルは比較的低いです。数あるサイトの中から、どこのサイトでプレイをするか決めることがとても重要です。日本運営がNGなのはもちろんのこと、海外運営だとしてもライセンス取得が済んでおり、たくさんの言語に対応しているところを選んだほうが良いでしょう。日本語と英語だけのサイトは少し控えたほうが安全です。たとえサーバーが海外にあったとしても、日本人向けのサービスだった場合は日本の法律が適用される可能性があるからです。過去には日本人向けサービスと思われるカジノの利用で摘発された事案もあります。

オンラインカジノにおける日本の法律の動向

日本人オンラインカジノプレイヤーが摘発?その結果は?

ライブカジノの中には日本語でチャットができたり、日本人がディーラーとして活躍しているオンラインカジノもあります。そうしたカジノは日本人プレイヤー向けのサービスとして見られても仕方ありません。日本人向けのサービスである場合は日本の法律が適用され、過去には利用者が摘発された事例もあるのです。容疑者として起訴された人の多くは、裁判で長期化することを嫌がり、罰金だけ払って正式な裁判をしないことも多く、一部ではオンラインカジノは違法という見方も根付いていました。しかし2016年に逮捕された人は正式裁判まで行い、不起訴、つまり無罪を勝ち取っているのです。

ついにカジノ法案成立!これからのオンラインカジノと動向について

IR法は、カジノを中心とする統合型リゾートの設立を推進する法案で、法の対象となるのが設置されているランドカジノです。カジノ法案が成立したからと言ってオンラインカジノを取り巻く環境が大きく変化することはありません。国内で日本人向けのオンラインカジノを設立したら違法になります。今後の動向がさらに変化していく可能性はありますが、現時点ではカジノリゾート以外の場所で勝手にカジノを作る行為は罪になるので注意が必要です。日本の賭博罪は本来胴元を取り締まるためのものですが、利用者が逮捕されることもあります。法的な解釈がグレーの場合は、プレイヤーがいつ捕まるか不思議ではありません。SNSなどでカジノに関する情報発信もほどほどにし、目を付けられないように注意することも大切です。

コチラの記事も注目⇒「ライセンスとオンラインカジノ運営の構造」